【工場の温度管理に!】暑熱測定・寒冷測定のご依頼方法から報告書までの順序

暑熱寒冷 順序

職場や工場などで労働者がどれ程の暑熱環境、寒冷環境下で働いているかの調査として、暑熱測定・寒冷測定を行います。

そこで今回は、当社が提供する暑熱測定・寒冷測定サービスのご依頼から結果報告書をお渡しするまでの流れについてご紹介します!

暑熱測定・寒冷測定は、東海地方で製造業をしているお客様を中心に多くのご利用をいただいています。

1.打合せ・現場調査

測定のお問い合わせをいただきますと、まず現場の状況や測定目的についてお伺いさせていただきます

お聞きする例

  • 測定の目的
  • 測定現場の広さ
  • どのような作業をしている作業場か
  • 暖房または冷房器具の設置場所

などをお聞きした上で、下見に伺い打合せを行います。

打合せ時に、測定時間帯や作業場数、測定ポイント数などを決定します。

状況を考慮した上で、お見積もりを作成させていただきます。

お急ぎの場合

ご相談の上、対応することも可能ですので、お気軽に申しつけください。

2.暑熱測定・寒冷測定

当社技術者が訪問し、下記のような機器を使用した測定を行います。

WBGT計風速計
WBGT計風速計

測定は1ポイントあたり3~5分程度で行うことができます。

3.解析

測定値が温度基準に対してどのような値となっているか、解析を行います。

4.解析結果提出

解析データを元に結果報告書を作成し、お客様の元へ提出いたします

報告書は測定から2~3週間程度でお渡しできます。

お急ぎの場合

ご相談の上、対応することも可能ですので、お気軽にご相談ください。

測定値が高かった場合

作業内容や気流、空調の状況などから、改善のアドバイスなどをご提案します。

お気軽にご相談ください

今回は、当社が提供する暑熱測定・寒冷測定サービスのご依頼から結果報告書をお渡しするまでの流れについてご紹介しました!

暑熱測定・寒冷測定についてのブログ記事もありますので、ぜひご覧ください。

暑熱測定・寒冷測定を検討されているお客様、詳しいご案内は、お電話・メールなどでも承っています。

ぜひ一度お気軽にご相談ください。