【コラム】環境に関する検定にチャレンジしてみませんか?

環境検定

以前、当ブログで環境に関する国家試験についてご紹介しました。

※環境に関する国家試験についてはこちらのブログを参考にしてください

他にも、もう少しライトで学生さんでも誰でも挑戦できる試験・検定があり、その中で今年まだ間に合うものをピックアップしてみました。

今回は、ECO検定、環境測定分析士3級と環境騒音・振動測定士初級資格認定試験についてご紹介します。

1.ECO検定(環境社会検定試験)

ECO検定は、東京商工会議所が実施する民間資格です。

ホームページの説明によると

「世界的な環境意識の高まりにともない、多くの製品やサービスが環境を意識したものに変わってきています。企業においても、ビジネスと環境の相関を的確に説明できる人材の育成が欠かせないものとなっています。ECO検定は、複雑・多様化する環境問題を幅広く体系的に身に付く「環境教育の入門編」として、幅広い業種・職種の方に活用いただいています。」

とあります。

ISO14000やSDGsを推進する企業においては、重宝されるかもしれませんね。

特徴は自宅または指定の会場でパソコンで受けられることです。withコロナの時代なのでありがたいですね。

年に数回実施されており直近の第33回は、以下の通りです。

2.環境測定分析士3級/環境騒音・振動測定士初級資格認定試験

環境測定分析士等は、(一社)日本環境測定分析協会が実施する民間資格です。

ホームページの説明によると

「大気汚染物質、水質汚濁物質や騒音等の測定分析の業務は、環境への負荷の大きさを把握し、環境への負荷軽減と環境保全の効果を評価するために必要不可欠なものであり、地球環境保全と国民の「安全・安心」の確保に大きく寄与しています。そのため、環境測定分析には的確さと高い信頼性が求められています。その現場で実際に活躍している方の能力と技術力を評価するのが、「環境測定分析士」と「環境騒音・振動測定士」です。」

とあり、総合的な知識が必要なECO検定に対して、環境測定分析士等は分析や測定に関する実務的な知識が要求されるようです。

次回の試験日程は、以下の通りです。

最後に

いかがだったでしょうか?

今回のブログでは、ECO検定、環境測定分析士3級と環境騒音・振動測定士初級資格認定試験についてご紹介しました。

今回ご紹介した以外にも環境関連の資格、検定はたくさんありますので、ご興味があったらぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?